スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょ、実験長引きすぎ!!

昨日の実験が、長引きすぎて終電に間に合わないということが起こった。

グロー放電プラズマの実験を行っているのだが、負グローと呼ばれている領域のスペクトルをとると、よくわからないところでピークが出ていた。

なんだろな―と思いつつも調べてみたが、よくわからないまま終電を逃してしまったとのこと。

その日は仕方なく、大学近くに住んでいる友人の家に泊めてもらったのだが・・・

自分は、今後、今実験を指導してもらっているしている教授の研究室に卒論で行きたいと思っている。

本郷で核融合研究をしている数少ない研究室の一つである。

しかし、その教授は、とても学べることは多いが恐ろしくしんどいことで有名で、院生がM2とD3のたった二人しかいないという神っぷり。もちろん、現在卒論生ゼロ。

まあ、僕はドMなので、行こうと思うが・・・

ということは、今以上に終電を逃すということが起こるかもしれない・・・

そう思うと、引っ越ししたくなってきました。

今の場所からだと、キャンパスまで大体一時間弱かかる・・・

でも、今のところは、学生寮ということもあり、楽しい友人が多く食事もついてくるので、離れたくないというのが本音である。家賃も5万程だし。

幸い、研究室に配属されると、研究室で一夜を過ごすことも不可能ではないが・・・

研究室で泊まるのが、一番丸く収まるように思えてきました。
夏場とか臭くなりそうだな~(泣)


今の学科では、工学部であるにもかかわらず、週1しか実験がない。

だから、実験が間に合わずに終電を逃すようなことが起こるのだが・・・

もともと、実験が大好きな自分には週1は物足りないと思っていたので、研究室に配属されたら、思う存分実験をしてやろうと思っている。


そろそろ終わろう。
Hちゃん、泊めてくれてありがとうね。何らかの形でお返しはするつもり。
スポンサーサイト

東京電力に行ってきますた

金曜日に川崎の東京電力に見学に行った。

まずは、火力発電所の見学だった。

火力発電の原理は皆さんもご存じのとおり、化石燃料を燃やしてそして、そのエネルギーでタービンを回しているのである。

だが、実際にはタービンは大きく分けて2種類あり、一つは燃料を燃焼して蒸気を作りその蒸気でタービンを回す「蒸気タービン」と、圧縮空気中で燃料を燃焼し、それにより発生するがすを使ってタービンを回す「ガスタービン」がある。

現在では、ガスタービンによる発電ででた排熱を利用して蒸気を作ってさらに発電するという、「コンバインドサイクル」を採用して、さらなる高効率化を図っているらしい。

現在では、発電効率約60%となっており、日本の発電を担っているだけのことはある。


次に東電の技術開発部門にお邪魔した。

まずは、電気自動車の見学をした。
三菱のi-MiEVなどが有名であると思うが、ぼくは実際に試乗させてもらっちゃった。
電気自動車は、今のところ最大走行距離が160kmほどであり、それをおぎなうために、全国に「急速充電」できる場所があるらしい。
でも、急速充電がそれなりの制御が必要になってくるため、その解決策として、自動車自体にマイコンが入っており、充電の制御をしているらしい。
詳しいことはわかりませんが・・・

その次に、バイオ実験室に行った。
ここでは、油を生産する特殊な「藻」の研究を行っている。
新しいバイオマスの誕生である。

3つ目に、系統解析の研究室にいった。
しかし、ここのオヂサンたちは僕たちを電気系の学生を勘違いしたのか、やたらに複雑な回路の解説をしてくださった。
もちろん、みんな・・・となっていたが。
エネルギーの道に進むには、回路学も勉強しろということか・・・

最後は高電圧の研究室であった。
ここでは、雷による家屋の電気系統への影響を研究しているところである。
しかし、ここのオヂサンたちは僕たちを電気系の学生を勘違いし(ry...
まあ実は、この辺りのことは僕も多少勉強していたので、色々わかって楽しかった。


ボク自身は、将来は原子力・核融合の方面に進もうと考えているのだが、このように見識を深めることは、将来考えている方面でなくても大切なことだと思う。

特に、自分はあまりにもエネルギーに関する知識や勉強量が乏しいことを思い知った。

今の世の中、狭い視野で、物事を広く見られない人は厳しいと思う。

だから、僕も、原子力・核融合しかできない専門バカにはなりたくない。

そう思うと、今回の見学はいい刺激になったのではないかと思う。

おれ、何やってるんやろ・・・

昨日は朝からゲームをしたせいで1・2限をブッチするという廃人的なことをしてしまった。

でも、ヨスガノソラの穹ルート、よかったなぁ・・・
穹ちゃんマジかわいいww

その日の午後は実験であり、低圧グロー放電のフローティングポテンシャルを測定し、それを微分することで電場のグラフを作成する。
それと、予め撮っておいた画像データから、陽光柱の定在縞の光の分布のグラフを合わせる。

そうすることで、定在縞での電場の関係が分かると考えたのだが、なぜか理論を一致しない・・・

普通って、色の濃いところでは、荷電粒子の励起→基底の遷移が盛んに起こっている。それはつまり、強い電場から多くのエネルギーをもらうからであると考えられる。

色の濃い=電場が強い、じゃダメなんですか?

授業の後に電気系の先生に聞いても、「来週の授業でそのことについては詳しく述べます」だけ・・・
そんなぁ~

もう一度考えてみよう!!


それよりも言いたいのは、なんか知らないけど最近の実験長引きすぎ!!

昨日の実験なんて13時~22時とか意味わからない。

帰ったら23時だったし・・・

プラズマの実験は俺は大好きだからこれほどまでかかってもあまり苦ではないが、もし、それほど興味のない実験だったら発狂してたかもしれない・・・

誰かIgorの使い方教えてください。

Igorは先にも述べたように画像解析からデータ解析までいろんなことができる優れ物解析ソフトなのだが、上級者向けなので、俺のような初心者はかなり苦労する。

でも、使いこなせるとかなりの便利ツールになることは間違いない。
目指せ、Igorマスター!!


話は変わるが、何とあしたは川崎の火力発電所の見学に行く。

火力発電はそれほど興味がないのだが、実際の現場をこの目で見られるまたとない機会なので、結構楽しみである。

物理はやっぱり楽しい!!

テストも近いので、今日は変形体の力学の勉強をした。

流体力学と固体力学を扱っているこの科目であるが、実に面白い!!

授業は、一限はつらいし、先生の板書が汚くて板書を写すのに多大なストレスが発生するため、出ていない・・

でも、演習の時はきちんと出てますよ。だって成績に入るから。

だから、教科書と資料で勉強している。

改めて思うが、物理は面白い。

進振りのときも、今の学科と物理工学科のどちらかで悩んだこともあり、物理は昔から好きだった。

エネルギー工学の方が興味があったということもあり今の学科を選んだわけだが、やはり物理工学科に未練があるわけで、物理工学科の授業をいくつか取っている。

最近はプラズマ核融合の勉強のため、電気電子工学科の授業も取ったりしている。

実を言うと、エネルギー工学は物理だけでなく、原子や化学の知識もある程度必要とする。

そのあたりは、今の学科の授業をしっかり聞いて理解しようと思う。


ところで、テストの日程確認をしてみたところ、今学期はテストが13個もあることに衝撃を受けた。

あと3週間程しかない。他の教科も今から勉強しないと間に合わない・・・

てな訳で、今日以降、テストが終わるまで、ゲームは封印します。

サヨナラ、「空の軌跡」「グレイセス」。

それでは~~~

データ解析とか・・・

冬休みの課題として、Igorというものを使ってプラズマのスペクトル解析をしなさいという課題がでました。

正直、Igorなんてろくに扱ったことがありません(泣)

冬休みは、コミケやら帰省やらであまりIgorに触れなかったため、今更になって焦っています。

でも頑張ります。

もう逃げません!!

でも、結構難しい・・・

まず、画像をIgorに読み取らせる時点でつまづいている俺・・・

そんな状態で大丈夫か?

大丈夫じゃない。問題だ。

今日はもう遅いうえ、明日から学校なので今日はもう寝ます。

それでは
プロフィール

もくお

Author:もくお
関西地方で細々と会社員やってます。
現在2年目

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
twitter
応援してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。