FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気系の院に行くという選択肢

先週の金曜日に我が部のOB会があり、色々なOBの方々からありがたいお言葉をいただいた。

OBの中に、電気系研究科で准教授をしている方がおり、その方とお話をする機会があった。

自分は核融合がしたくて、今の学科に入ったが、本気で核融合をするなら、電気系の院に行った方がいいといわれた。

電気系は就職がいいとも言われているし・・・

今の学科はエネルギーと環境の学科なので、面白くもない環境の分野をいっぱいやらされることに嫌気がさしている。

なんか、リア充多いし・・・

他の学科の授業を取りまくっている一つの理由であるが。

ある程度の物理の勉強もでき、しかもやりたい核融合ができるのは、電気系であるということにどうして気づかなかったのだろうか。

ボクの大学では、電気系の進振り得点が低いということもあり、毎年のように定員割れしており、評判が悪い。

そのため、無意識に敬遠してしまっていたのだろうか。ボクの目には、物理とエネルギーという選択肢しかなかった。

だから、院になったら電気系の研究室に入ろうと思う。

こういう結論に至れたのもあの電気系のOBの方と出会えたおかげである。
(OBの方曰く、電気系研究科は、むしろ電気系以外のやる気のある学生を欲しているとのこと)

そして、OBの方に話を持ちかけてくれた部の前主将のおかげであると思う。

ちなみに前主将は電気系の2年生である・・・

俺が今の学科のクソさに本気で悩んでいた時も、真剣に悩んでくださり、転科ができないかOBの方に聞いてくれたのも前主将である。

前主将には本当に感謝しきれないくらいである。


電気系の院試を調べたところ、ボクが今の学科で習っていない電気工学や回路学などからの出題があった。

でも、やるしかない。本気で電気系を目指しているならできるはずである。できないということは自分に自覚がないということだ。

電気系の友人にアドバイスを聞いたところ、3年夏の電気系の授業を取ればいいと思うよ。ということ。

なるほど。それはいい。
スポンサーサイト
プロフィール

もくお

Author:もくお
関西地方で細々と会社員やってます。
現在2年目

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
twitter
応援してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。