FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力に行ってきますた

金曜日に川崎の東京電力に見学に行った。

まずは、火力発電所の見学だった。

火力発電の原理は皆さんもご存じのとおり、化石燃料を燃やしてそして、そのエネルギーでタービンを回しているのである。

だが、実際にはタービンは大きく分けて2種類あり、一つは燃料を燃焼して蒸気を作りその蒸気でタービンを回す「蒸気タービン」と、圧縮空気中で燃料を燃焼し、それにより発生するがすを使ってタービンを回す「ガスタービン」がある。

現在では、ガスタービンによる発電ででた排熱を利用して蒸気を作ってさらに発電するという、「コンバインドサイクル」を採用して、さらなる高効率化を図っているらしい。

現在では、発電効率約60%となっており、日本の発電を担っているだけのことはある。


次に東電の技術開発部門にお邪魔した。

まずは、電気自動車の見学をした。
三菱のi-MiEVなどが有名であると思うが、ぼくは実際に試乗させてもらっちゃった。
電気自動車は、今のところ最大走行距離が160kmほどであり、それをおぎなうために、全国に「急速充電」できる場所があるらしい。
でも、急速充電がそれなりの制御が必要になってくるため、その解決策として、自動車自体にマイコンが入っており、充電の制御をしているらしい。
詳しいことはわかりませんが・・・

その次に、バイオ実験室に行った。
ここでは、油を生産する特殊な「藻」の研究を行っている。
新しいバイオマスの誕生である。

3つ目に、系統解析の研究室にいった。
しかし、ここのオヂサンたちは僕たちを電気系の学生を勘違いしたのか、やたらに複雑な回路の解説をしてくださった。
もちろん、みんな・・・となっていたが。
エネルギーの道に進むには、回路学も勉強しろということか・・・

最後は高電圧の研究室であった。
ここでは、雷による家屋の電気系統への影響を研究しているところである。
しかし、ここのオヂサンたちは僕たちを電気系の学生を勘違いし(ry...
まあ実は、この辺りのことは僕も多少勉強していたので、色々わかって楽しかった。


ボク自身は、将来は原子力・核融合の方面に進もうと考えているのだが、このように見識を深めることは、将来考えている方面でなくても大切なことだと思う。

特に、自分はあまりにもエネルギーに関する知識や勉強量が乏しいことを思い知った。

今の世の中、狭い視野で、物事を広く見られない人は厳しいと思う。

だから、僕も、原子力・核融合しかできない専門バカにはなりたくない。

そう思うと、今回の見学はいい刺激になったのではないかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もくお

Author:もくお
関西地方で細々と会社員やってます。
現在2年目

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
twitter
応援してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。